効率を求め、画一化された葬送様式に一石を投じる内容となっています。
平和なこの時代においても、いまだに発生する不条理な別れなどで心の整理が出来ない方々を救うために、今こそ葬送の本質を見直す時なのかも知れません。
(参照には日本経済新聞電子版への会員登録が必要です(無料プランあり))

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62511940R10C20A8BC8000/