日頃より弊社をご重用戴き、厚くお礼申し上げます。

令和2年においては会葬者が減った代わりに、”進物用”の需要が伸びたと伺っております。
※特に「価格帯が~5000円の品」「通常より煙、香りが抑えられた品」が好感されているとの事です。

今回は「お香文化の入り口」として、お求めやすい価格帯の品を紹介申し上げます。

【製品名】
日本香堂 夢の夢(白檀/さくら/ラベンダー)

夢の夢

「線香の香り」と聞くと、”古い家の臭い”等のネガティブな印象を想起される
方もいらっしゃいますが、最近の線香は香りが控えめで、いわゆる「線香臭さ」
を抑えた製品が主流になりつつあり、普段使いとしてもお使い戴けます。

葬儀により”繋がり”が生まれた方々との縁をより深いものとする為に、手元供養
品等の提案力強化を検討されてみては如何でしょうか?